小湊鉄道×いちはらアートミックスの旅。五井駅から1日フリー乗車券でレトロな車両と駅舎を楽しみながらアートなプチ旅を

ちばを楽しむ観光ガイド, 市原市

千葉県には、ドラマやCMの撮影でしばしば舞台になっている小湊(こみなと)鉄道があります。

とてもレトロな雰囲気で趣のある駅舎も多く、ノスタルジックな雰囲気が漂っているのも大きな特徴。

小湊鉄道の路線沿いには、千葉県の県花となっている菜の花がたくさん植えてあるため、春になると桜とのコラボレーションで、なんとも言えず美しい景色になるんですよ!

小湊鉄道×いちはらアートミックス

こちらは上総大久保(かずさおおくぼ)駅。
鉄道ファンの撮影ポイントにもなっています。

今回、いちはらアートミックスに合わせて、小湊鉄道に乗ってみました。
1日フリーパスを使えば、途中下車も可能です。

小湊鉄道は、市原市にあるJR五井(ごい)駅から乗れますが、乗り方が少々わかりづらいので、小湊鉄道の紹介をあわせて解説もしていきますね。

いちはらアートミックスで初めて小湊鉄道に乗られる方は、参考にしてみてください!

JR五井駅から小湊鉄道に乗り入れる方法

JR五井駅

JR五井駅から小湊鉄道に乗れます。
五井駅から行く場合、案内板に従っていけば、小湊鉄道の乗り入れ口に辿り着きます。

小湊鉄道

しかし、ここからがわかりづらいところ。
実は、JRの改札口のなかに、小湊鉄道の改札があるのです。

小湊鉄道の改札口はどこ

JRの改札の上に、このような看板が出ています。
小湊鉄道への改札は、JRの改札口のいちばん左側、駅員がいる有人改札口を通って、なかに入っていきます。

小湊鉄道では、SuicaやPASMOは使えません!

そのため、どこにもタッチせず、そのまま入っていきましょう。
そのときに、そばの窓口で立っている駅員に、「小湊鉄道に乗ります!」と、ひと声掛けるといいですよ!

小湊鉄道の時刻表

もし、五井駅で小湊鉄道に「乗り換え」をする場合は、JRの改札口には行かず、小湊鉄道の改札へ向かってください。

そこに、SuicaやPASMOをタッチする機器が置いてあります。
これにタッチすることで、出場が記録でき、いったん清算される形になります。

その後、小湊鉄道の券売機で、電車の乗車券を購入します。
先に、大人か小人のボタンを押してから、必要な券のボタンを押してくださいね。

小湊鉄道の券売機

上総中野(かずさなかの)駅までの1日フリー乗車券も、こちらの券売機で購入できますよ!

フリーパスチケット

チケットを購入したら、改札口から入っていきます。

窓口

改札の隣には窓口がありますので、よくわからないときは、ここで聞いてみるといいかもしれませんね。

ディーゼルで走る小湊鉄道の列車。懐かしい雰囲気でいっぱい

小湊鉄道はディーゼル車。
ガタコンゴトンと、ゆっくりと進んでいきました。

小湊鉄道の列車

車内はレトロな雰囲気。
わたしがこどもの頃は、こんな電車がよく走っていましたね〜。

小湊鉄道の車内

窓も開けられますよ!
昔なつかしい窓でした。

通り過ぎる駅舎が、すべて木造の駅舎。
やっぱり、とても絵になりますね。
素敵!

こちらは、小湊鉄道里見(さとみ)駅。

小湊鉄道里見駅

いちはらアートミックスが開催されています。
イベント中は、里見駅でお弁当や飲み物の販売も行われているので、まずはここで下車してみました。

駅舎のなか

駅舎の中も、なつかしいですね〜!
ここで1日中ゆっくりと過ごしたくなります。

わたしが里見駅に到着したのは午後1時過ぎ・・・。
お弁当はすっかり売り切れていましたが、焼きたてのさつまいもが販売されていたので、桜を背景に堪能いたしました!

焼きいも

ふっくらほくほくの焼き芋!
1本200円。
おいしくいただきました。

梨サイダー

梨サイダーもおすすめ。

里見駅も、小湊鉄道らしく菜の花たっぷりで、春の千葉を堪能できます。
時間がゆっくり流れているような気すらしてきますね。

いちはらアートミックで小湊鉄道を利用するときの注意点

小湊鉄道を利用して、いちはらアートミックスへ行く場合、イベント中の土日は電車内が混雑しやすくなっています。

また、よく揺れるため、乗り物酔いをしやすい方は、酔い止めの準備をしておくとよいかも。

アートミックスは、市原市の南部で開催されています。
しかし、五井駅発の列車には、上総牛久(かずさうしく)駅止まりの列車も多いため、終点に注意してくださいね。

上総中野(かずさなかの)駅行きまでの列車に乗れば、乗り換えなしで終点まで行けますし、アートミックスが開催されいている駅にもすべて止まります。

小湊鉄道で払い戻しをしたいとき

小湊鉄道は、ローカル鉄道なこともあり、あまり頻繁に行き来していません。
そのため、時間によって予定を変更するときもあるかもしれませんね。

フリーパスを買ってみたけど、指定駅までのチケットに買い換えたくなったり、ほかの限定パスなどに交換、あるいは払い戻しをしたい場合は、車内にいる車掌に話しかけてくださいね。

というのも、小湊鉄道には無人駅が多く、駅舎に駅員がかならず常駐しているわけではありません。

無人駅が多いことから、車内改札もよく行っているため、すぐに声を掛けられますよ!
払い戻しは電車内で!を覚えておいてくださいね!

>>小湊鉄道の時刻表はこちらから。

いちはらアートミックス

いちはらアートミックスは、市原市南部で行われている芸術祭。
開催場所では、カフェが常設されていたり、食堂が開店していたりと、遊ぶ・食べる・アートを堪能することができます。

また、開催場所が離れているため、無料周遊バスも巡回しています。

里見駅の無料バス

こちらは里見駅発の「IAAES会場」行きの無料周遊バス。
車でしか行けない会場には、ぜひ無料バスを利用していってみてくださいね。

いちはらアートミックスは、小湊鉄道の駅からすぐの場所にも多く開催されています。

いちはらアートミックスの開催場所

  • 上総・牛久:内田未来楽校(最寄駅/上総牛久駅より無料バス)
  • 高滝:やもかのなかま・他(最寄駅/高滝、もしくは里見駅より月出経由の無料周遊バス)
  • 里見・飯給(いたぶ):IAAES(旧里見小学校)・他(最寄駅/里見、飯給)
  • 月出:月出工舎(旧月出小学校)(最寄駅/里見駅より無料周遊バス)
  • 月崎:いちはらクオードの森・他(最寄駅/月崎)
  • 白鳥:上総大久保駅・他(最寄駅/上総大久保)
  • 養老渓谷:アートハウスあそうばらの谷(最寄駅/養老渓谷)

※無料周遊バスは、毎日運行のものと、土日のみ運行の2種類あります。

ゆったりと小湊鉄道にゆられつつ、レトロな駅舎の雰囲気とアートコラボのおかげで、知的好奇心とレジャーを同時に満たすことができました。

開催期間は、2017年4月8日(土)から5月14日(日)までの37日間です。
>>詳しくはいちはらアートミックスの公式ページをチェック。

ちばを楽しむ観光ガイド, 市原市

Posted by komasan-fam


PAGE TOP